ご案内

日本が世界から注目される2021年を契機として、日本伝統文化を世界に発信するために、日本の伝統文化であるキモノに「ふるさと1」〜まだ見ぬ、にっぽんを描く〜 を統一テーマとして、日本の原風景、人の心の奥に温かく・懐かしく思い出される風景を表現しました。
北海道 猿払村から沖縄県 読谷村まで、日本各地の35村のふるさとを表現した着物を創作致します。 また、本展覧会は、2021年10月に「京都展」(会場:京都市京セラ美術館2F)、2021年12月頃に「東京展」(会場:調整中)、2022年2月に「小千谷展」(会場:新潟県・小千谷織物工房)で行う予定です。ご来場お願い申し上げます。

開催主旨

「世界に向けた日本意匠の発信」をモットーに、着物市場におけるプレタポルテからオートクチュールへの新市場開拓の展開を企図して、“一点一作”を顕著に表現したデザインによる高度な技術を用いた着物の商品開発を、若手技術者等を中心に行ないました。また、開発にあたっては全国染織連合会が主体となって、統一の創作テーマ「ふるさと1」〜まだ見ぬ、にっぽんを描く〜 に基づいた意匠により、全商品が総合的・相互作用として強力にアピールできる商品群として制作にあたりました。
このたびの展示会は、「京都展」では、全国小売・流通業界を中心とした来場者を対象に開催し、つづく「東京展」では、ファッションの発信地・東京都内において、主に一般消費者を対象として開催します。

※写真は過去の展示品のイメージ

展示品

統一の創作テーマ「ふるさと1」〜まだ見ぬ、にっぽんを描く〜 に基づいた意匠の日本各地全35村のきもの
*今回の創作対象:
北海道 猿払い村・青森県 東通村・秋田県 大潟村・岩手県 普代村・岩手県 九戸村・山形県 鮭川村・宮城県 大衡村・福島県 飯舘村・茨城県 東海村・群馬県 嬬恋村・埼玉県 東秩父村・千葉県 長生村・東京都 檜原村・神奈川県 清川村・新潟県 粟島浦村・富山県 舟橋村・山梨県 忍野村・長野県 白馬村・岐阜県 白川村・愛知県 飛島村・京都府 南山城村・大阪府 千早赤阪村・奈良県 山添村・和歌山県 北山村・鳥取県 日吉津村・島根県 知夫村・岡山県 西粟倉村・高知県 馬路村・徳島県 佐那河内村・福岡県 赤村・大分県 姫島村・熊本県 南阿蘇村・宮崎県 椎葉村・鹿児島県 宇検村・沖縄県 読谷村

京都展

東京展(予定)

小千谷展